茶道(さどう、ちゃどう)は、湯を沸かし、茶を練るか点(た)てる、あるいは淹れ、茶を振る舞う日本伝統の行為(茶の儀式)。また、それを基本とした様式と芸道。 元来「茶湯(さのゆ、ちゃのゆ)」といった。千利休は「数寄道」、古田織部は「茶湯」、小堀遠州は「茶の道」という語も使っていたが、江戸時代前期には茶道…
34キロバイト (5,350 語) - 2023年9月19日 (火) 01:59

<ツイッターの反応>


茶道資料館@秋季展まで休館中
@chado_shiryokan

正解は…①津田宗及でした! 茶席の花としてのアサガオの逸話は「利休と秀吉とアサガオ」のものが有名です。この時代に実際にアサガオを使用した例が多く見られるのは、『天王寺屋会記』で有名な天王寺屋(津田)宗及です。 出典/茶道文化検定公式問題集⑩2級

(出典 @chado_shiryokan)

茶道資料館@秋季展まで休館中
@chado_shiryokan

正解は…③躙口の近くの壁面でした! 刀掛を設置する場所は、茶室の躙口近くの壁面です。刀を茶室に持ち込まないということは、茶室内では平等という意を示すことです。そのため入口である躙口の近くに設置し、刀や脇差をそこに掛けておいたのです。 出典/茶道文化検定公式問題集④3級

(出典 @chado_shiryokan)

茶道資料館@秋季展まで休館中
@chado_shiryokan

正解は…①井戸茶碗でした! 高麗茶碗とは、朝鮮半島で焼かれた茶碗の総称です。主として朝鮮王朝時代の産で、日常の雑器から茶碗に見立てられたものと、日本からの注文に応じて作られたものに大別され、井戸茶碗は前者にあたります。 出典/茶道文化検定公式問題集③4級

(出典 @chado_shiryokan)

いっせい
@chocochocochine

反省会 ・読書30冊→25冊 ・映画10本→6本 ・ランニング総距離100km→約10km ・茶道文化検定4級→合格 ・茶道文化検定3級→合格 ・紅茶検定初級→結果待ち ・リテールマーケティング検定3級             →未受験 ・かるた(取り、読み含む)50試合             →34試合

(出典 @chocochocochine)

茶道資料館@秋季展まで休館中
@chado_shiryokan

正解は…③八寸でした! 懐石で出される八寸とは、亭主が客と酒の献酬をする際の肴を盛りつけたものです。亭主は酒をすすめるにあたり、そこから客前で取り分けているので「取肴」ともいわれています。 出典/茶道文化検定公式問題集⑨2級

(出典 @chado_shiryokan)

みっきー
@mkin4_3

茶道文化検定の勉強中なので「秀吉が赤楽茶碗の無一物を見つめた」とあれば無一物を思い描けて楽しい 千利休の望んだ形かは知らないが、茶道は私の所にも届き 覚えることいっぱいでアップアップしてますよと伝えたい 残念ながらこの世から戦はなくなっていないことも伝えねばだが

(出典 @mkin4_3)

kago@鎌倉暮らし
@KagolaboJp

臨済宗-禅-茶、 栄西-源実朝-喫茶養生記、 光明寺-小堀遠州(流)-茶人、 鎌倉は何かとお茶と繋がるので、茶道文化検定で基礎知識を身に付けてました😊 今度、浄妙寺の喜泉庵に行ってじっくり楽しんでみます🍵 #鎌倉 #茶道 #枯山水庭園 #教養 pic.twitter.com/YFx1neqA03

(出典 @KagolaboJp)